【限定】オンライン英会話の無料体験が4回に!

ビズメイツ最高品質責任者:伊藤日加とイシコの対談 ~オンライン英会話の効果的な受け方(初級者編)〜

英語においてスピーキングを伸ばすには、とにかく「話す」ことが重要となります。

なかなか日常生活で英語を話すことが難しい中で、その機会を増やすための方法としてオンライン英会話はとても効果的です。

そして、数あるオンライン英会話の中でビジネス英会話に特化した内容で評価を高めているのがビズメイツです。(2020年 オリコン顧客満足度®調査 オンライン英会話 講師 第1位)

ビズメイツでは、プレゼンテーションや交渉、打ち合わせで使える実践的な英会話を学べる上、ビジネスマンとして必要なコミュニケーションスキルや、リーダーシップという素養も高められるのが魅力です。

今回はそんなビズメイツの創設者であり、取締役Chief Quality Officer(最高品質責任者)のHika Ito(伊藤日加)さんと対談してきました。

テーマは「オンライン英会話の理想の使い方」です。

Hikaさんとは英語で対談しましたが、今回はより多くの方に読んでいただけるように日本語にしてみました。

昨今では新型コロナウイルスの影響で英会話教室に通っていた人も、オンライン英会話に切り替えた人や、外出自粛や在宅勤務で時間ができ、オンライン英会話を始めた人も多いと思います。

しかし、実際どうやってオンライン英会話を使ったら効果的なのかわからないという声も多く聞きます。

今回は、そんな方でも効率よくオンライン英会話を使うための方法を聞いてきたので、是非参考にしてください。

そして、ビズメイツさんからなんと特別に特典をいただきました。

このサイトからビズメイツの無料体験登録をすると通常1回の無料体験が4回になります。

やり方は最後にご紹介しますのでぜひ最後までお読みください。

Hika Ito (伊藤日加):ビズメイツ株式会社 取締役 Chief Quality Officer(最高品質責任者)

  • カナダ生まれの日系カナダ人
  • 1996年よりベルリッツ・ジャパンで英語教師を務める
  • 2008年より同社の本社商品開発マネージャーとして教材の開発、企業向けのセミナーを行う
  • 2012年に退社し、同年7月、ビズメイツ株式会社を設立

まだビズメイツを使ったことがない方は是非、無料体験から試してみてください。

無料体験実施中

ビズメイツはどんな人が使っているのか

— 今日はよろしくお願いします。

Hikaさん、そしてご家族はコロナウイルスの影響は大丈夫でしょうか?

本日は「オンライン英会話を賢く効果的に使う方法」についてお聞きしたいと思います。

まず、御社のサービスのメインユーザーはどのような人なのでしょうか?

会員の方々はビズメイツを始めるときにどんなことをモチベーションにしているのでしょうか?

伊藤

こちらこそ、よろしくお願いします。

今は家族と家の中でUNOやババ抜きなんかをして家の中で精一杯楽しむようにしています。

ビスメイツは2012年に創業して以来、仕事のために英語を上達させたいと真剣に思っているビジネスマンにサービスを特化してきました。

ですので会員さんの多くはすでに仕事で英語を使っています。

海外出張のコツ、プレゼンテーションやメールの書き方などビジネスマン特有のニーズがはっきりしているんですよね。

こうした初期の会員さんはとても積極的・能動的なので、我々のサポートがそこまでなくても自分で自発的に勉強します。

しかし、我々のビジネスが大きくなるにつれ、モチベーションがそこまではっきりしていない初心者の会員さんが増えてきました。

このような会員さんは、「とりあえず将来のために英語を勉強しなさい」と会社に言われているものの、将来どこで、いつ、どうやって英語を使うのか恐らく不透明なままなんですよね。

そういった会員さんはもう少し学習方針やサポートを必要としています。

そして、最近ではコロナウイルスの影響で、オフラインからオンライン英会話に切り替える人も増えています。

こうした会員さんたちははっきりとした目標は持っていますが、まだオンライン英会話に慣れようとしている段階ですね。

ポイント
  • ビズメイツを利用しているビジネスパーソンは、既に何らかの形で仕事で英語を使用している人が多い。
  • しかし、英語学習を始めたての初級者の傾向として、会社に英語を学ぶよう指示されたものの、その目的が不明確なままのことが多い。
  • コロナウイルスの影響で、様々なビジネスのオンライン化が進んでいるが、オンラインでの英語学習についても多くの会員がオンライン化に慣れようとしている最中である。

英語を勉強する理由

— はっきりした目標があってやる気がある人はサポートがそれほどなくても、やる気を保つことができますよね。

ですので、英語力を伸ばすように言われているだけ、英語が話せるようになるメリットをはっきりとは理解できていない人にもっと焦点を当てて話したいと思います。

英語が喋れるということは、キャリアにおいてとても役立つことなのは明らかです。

一方で、どうやって、いつ、英語というスキルが評価され、僕たちの将来のチャンスを増やしてくれるのかというのははっきりしません。

ビズメイツに登録するのは、そんな学習過程の第一歩にすぎませんよね。

特に「いますぐ具体的に英語を使う機会はないけど、英語は勉強したい!」というときに、モチベーションを維持する一番良い方法は何だと思いますか?

伊藤

良い質問ですね、全くその通りです。

英会話教室に通う、英語を勉強しようと決心するというのは第一ステップに過ぎません。

英語を学ぶことは、身近にある経験やチャンスから我々を遠ざけてきたバリアを取り除くような長旅の始まりなんです。

 

ではなぜ英語を勉強するのでしょうか? 理由は無数にあります。

世界にある情報の50%以上が英語です。

世界で20億人以上が英語を話すことができ、更にそれ以上の数の人が基本的な英語は理解できます。

つまり、あなたのメッセージやアイデアは世界中の多くの人に伝わるということです。

 

私は20年以上英語を教えてきましたが、バリアを取り除くことで生活が大きく変わったビジネスマンにたくさん出会いました。

伝統的な日系企業から外資系に転職して大きく給料が上がった人や、自ら積極的に海外の現地法人に異動した人、そして海外で起業するために日本から飛び立っていった人もいます。

こういった方々はみなさん「英語を学び始めたときは、まさか将来自分がこうなるとは思っていませんでした」と同じことを言っています。

 

しかし、このようなお話を英語の勉強を始めたばかりの人に伝えたとしても、モチベーションは上がらないと思います。

というのもこういった話は、英語の勉強を始めたばかりの人にとっては全く違う世界の話にしか聞こえないからです。

だからこそ、「なぜ(WHY)」英語を勉強するのかではなく、まずは「何を(WHAT)」「どうやって(HOW)」勉強するのか知ることが第一歩となります。

英語初心者の会員さんはまずこの長旅の始まりとして、「何を(WHAT)」勉強するのか知る必要があります。

ポイント
  • 英語は世界で最も利用されている言語
  • 今は英語を使って仕事をしている人たちも、英語を学びたての頃は、英語で仕事ができるようになるとは思っていなかった。
  • 特に初級者にとっては英語を学ぶ際に「なぜ(WHY)」ではなく「何を(WHAT)」「どうやって(HOW)」を追求すべき

オンライン英会話を使いこなすための6つのコツ

— なるほど、ありがとうございます。

僕も自分が英語で仕事ができるようになるとは想像もしていなかった人の一人ですね。

しかし、思い返せば、僕自身も英語は話さざるを得ない環境に晒されていました。

そしてその経験が今の自分につながっているのは間違い無いですね。

英語初心者がモチベーションを保つには「なぜ(WHY)」では不十分で、「何を(WHAT)」「どうやって(HOW)」がカギになるというのは非常に興味深い視点です。

では、実際にオンラインでの英語のレッスンで、「何を(WHAT)」「どうやって(HOW)」勉強するか初心者が覚えておくべき何かコツやアドバイスはありますか?

僕もよく以下のような質問を受けるんですが、

  1. どれくらいの頻度でレッスンを受ければ良いでしょうか?
  2. レッスンの前後で何をすれば良いでしょうか?

これらに対して何かご意見などはありますか?

伊藤

私はイシコさんを何年も前から知っていますが、イシコさんは英語力を伸ばしたいと思っている日本のビジネスマンのまさにロールモデルですよね。

「英語を話さなければいけない環境にいた」というのは本当にラッキーですが、イシコさんが英語の環境の中で生活し、仕事をし続けるためにどれだけ努力されたのか想像つきます。

 

新しく英語を学び始める人は、私の表現で言えば「The Controlled Learning Stage(コントロールされた学習段階)」から始めなければいけません。

この「段階」というのは勉強を歯磨きのような日課にするという段階です。

我々はいつも同じ時間に、同じ場所、同じ歯磨き粉で同じ時間、歯磨きしますよね。

英語学習も同じです。

同じ曜日、同じ時間に、同じテキストで、同じ講師とレッスンをするようにしましょう。

選択肢を増やしてはいけません、選択肢が多いとバリア(やらない理由を作る)になってしまいます。

なので、まずは同じ予定で3ヶ月続けてみてください。

 

「何を(WHAT)」「どうやって(HOW)」勉強するかに関して言えば、いくつか覚えて欲しいコツがありますのでご紹介します。

1. 最初の3ヶ月は週5でレッスンを受ける

イシコさんが仰る通り、レッスンは多ければ多いほど良いです。

しかし、現実的でない目標を立ててもよくないです。

ですので、おすすめとしては週5日でレッスンを受けましょう。

月曜日から金曜日でレッスンを受けて、もしできない日があれば週末に代わりにやれば良いと思います。

2. レッスンは午前中に行う

うまくいっている会員さんの多くは午前中にレッスンを受ける傾向があることがわかっています。

朝は心もフレッシュな状態で、疲れなど言い訳になるようなものが少ないんですね。

夜にやろうとしても、残業だったり、家族との晩ご飯だったり、面白そうなテレビ番組もあって難しい。

だからこそ午前中にやってしまいましょう。

3. ビズメイツの中心的なプログラム”Bizmates Program”のレッスンを受ける

こちらはビジネス英語の基礎を作るための段階的に学べるコースです。

ビズメイツにはいくつかコースがありますが心配はございません。

まずはスタンダードな”Bizmates Program”のレッスンを順番に受講していきましょう。

4. 同じ講師のレッスンを受ける

どの講師を予約するか迷って時間をたくさん使ってしまうこともありますよね。

まずは好みの講師を見つけるのが良いですね。

ですが、何人かを選んだら、その講師のレッスンをなるべく受け続けてください。

レッスンが終わった直後に次回のレッスンの予約をすれば、比較的簡単に同じ講師でも予約が取れます。

中級者レベルまたはそれ以上の人は、いろいろな講師を試してみても良いですね。

5. レッスンの準備(予習)をきちんとする

レッスン前に準備をしっかりしておかないと、レッスンで上手く話せず、自信を失うことになりかねません。

レッスンを受けた時には「勝った」と感じられるようにしたいものです。

そのためにはレッスンの前にテキストを開いて、一度読んでおきましょう。

そして何を話すかを事前に考えましょう。

例えば、テーマが「自分の会社について」だったら、自分の会社について講師に説明したいことを事前に考えておきます。

どんな業界なのか、製品やサービス、歴史など何でも構いません。

また、ビズメイツでは全ての教科書に対応したビデオレッスンがあり、たった5〜10分でレッスンの準備ができるので是非使ってみてください。

6. レッスンの復習をする

講師は毎回ミスを直してくれ、メッセージをくれるので、これを元に復習しましょう。

またもう一度ビデオレッスンを見直しても良いですね。

そうするとそのテーマへの理解が深まりますし、自信もつきます。

 

今紹介したことは単なるコツにすぎません。

もしこれを3ヶ月続けられたら、大きく変わると思いますよ。

もちろん初回のレッスンは大変で、緊張しますし、講師が言っていることを理解するのも難しい、やり方も慣れてないですよね。

オンラインでのコミュニケーションはオフライン(直接会って)のコミュニケーションとは全く異なります。

なので、オンライン英会話は様々な要素によってハードルは高くなってしまいます。

しかし、1週間やれば、緊張はしなくなってきますし、1ヶ月後には先生が言っていることも理解できるようになり、2ヶ月後には質問にきちんと答えられるようになります。

そして3ヶ月後には先生にもテキストにも慣れて、中にはちょっと飽きてきたなとか、簡単だなと思い始める人も出てきます。

それで良いんです、それが大きな進歩です。

「緊張して不安な」状態から「慣れて退屈な」状態になれば良いんです。

これが次のステップへ進むための準備ができている状態のサインであって、これを私は「Flexible Learning Stage(柔軟な学習段階)」と呼んでいます。

ポイント
  • 英語学習の初期段階の目標は「英語学習を歯磨きと同様に習慣化してしまうこと」。選択肢や意思は継続の邪魔になるので、日常生活に組み込むべき。
  • レッスンは週5回、同じ時間(できれば朝)に、同じ講師で受講。予習・復習は欠かさない。
  • 3か月継続すれば、成長したことに気付く。最初の「緊張な不明瞭」な状態から脱し、「心地良さと、若干の飽き」が来るはず。それは次のステージに進むサイン。

まとめ

— 6つも具体的なステップを教えていただきありがとうございます。

最初はまず、歯磨きのように日常的なクセになるように行動することを目標にするというのは、僕も同感です。

これは英語学習だけでなく、何か伸ばしたい時全てに当てはまると思います。

また、個人的に思うのは、選択肢が多すぎるのはやるべきことをやらないための言い訳になってしまいますよね。

「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、まずは考える前にこの6つのステップに従うことが大切ですね。

3ヶ月後にはわかると思いますが、まずは今日からこのステップにしたがってやってみましょう!

伊藤

きれいにまとめていただきありがとうございます。

本当にその通りで、「百聞は一見にしかず」です。

是非やってみてください。

対談を終えて(イシコ)

ビスメイツの創業者である鈴木社長とは、創業の少し前からツイッター上でやり取りをさせていただいており、創業後しばらくしてから実際にお会いし、そこからお付き合いが始まりました。

その中で日加さんとは、2015年頃に最初にお会いし、その時はお食事させて頂くだけでしたので、数年後にこのような形で対談させてもらう機会があるとは思っていませんでした。(ツイッターの出会いってすごいですね…)

今回の対談に際し、実は事前に電話で打合せようと、1時間ほど打合せしたのですが、今回の記事の対談内容からは大幅に脱線して別のことで盛り上がってしまい、電話の最後に「Did we discuss what we are supposed to discuss today?(今日話す予定だった内容について、議論できたっけ(議論してない)?)」とコメントが出てくる始末でした笑。

が、立場は違えど、お互い英語学習に関して熱い想いを持っており、英語を学ぶメリットや楽しさについて終始語っておりました。

振り返ると、僕自身も帰国子女ではなく、「英語が好きでテストも得意な学生」程度の大学生だったのですが、交換留学に応募したところ、運よく合格したことが大きな転換点でもあり、同時に大変な思いをする一年の始まりでもありました。。。

授業では地元もアメリカ人学生39人に日本人1人といったクラスもあり、一つ発言するのも苦労の連続でしたが、「話さないと授業の単位をとれない」という追い込まれた環境で過ごした結果、ある程度英語に自信を持って帰国することができ、現在も英語で仕事をする環境に恵まれています。

自分自身の経験からも、英語学習にウルトラCは存在しないと思っていましたが、対談時に「The Controlled Learning Stage」という何やら難しそうな単語が出てきたときには少し身構えてしまいました。

しかし、その内容を一つ一つ見ていけば、納得する内容ばかりですし、当たり前なことも非常に多いことが分かり、改めて語学に近道はないと痛感しています。

現在、英語学習を始めたばかりの皆さんもモチベーションの維持に苦労されている方も多いと思いますが、日加さんの言うようにまずは「歯磨きと同じように習慣化」することから始めてみると良いと思います。

ビジネス英語は確実に皆さんのキャリアを広げてくれますので、意思に頼らず、習慣化することでまずは英語学習を日常に取り込みましょう。

また、僕が紹介するスピーキングの勉強方法でもビズメイツに触れていますので是非使ってみてください。

まずは無料体験

イシコ特典

ビズメイツさんから特別な特典をいただきました。

イシコ特典
このサイトからビズメイツの無料体験登録をすると、通常1回の無料体験が4回になります。

オンライン英会話は講師との相性がとても大切です。1回の無料体験ではなかなか見極められませんが、4回の体験を活用して、自分に最適な講師を見つけ、英語力の向上を目指しましょう

手順1
登録
上記のリンク、もしくはこちらから会員登録。【ビズメイツ公式HP
手順2
レッスン
無料体験レッスンを受講。
手順3
ビズメイツにメールを送付
1回目の受講後、件名「イシコ特典」としてこのメールアドレス宛:support@bizmates.jpに、Sから始まる【お客様ID】をご連絡ください。
注意
お客様IDを連絡しないと、キャンペーンが適用されませんのでご注意ください。
オンライン英会話 【英語学習】スピーキングを伸ばす効果的な勉強方法 *特典あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です