【限定】オンライン英会話の無料体験が4回に!

【あなたのプランB】8. チェルシー|AI姉さん

プランBとは「代替案」という意味の言葉です。

キャリアにおいて良質なプランBを持つことはとても重要です。

プランBがあれば経済的・精神的な余裕が生まれ、プランAにも良い影響がでます。

プランBの重要性は別の記事で説明していますのでこちらを参照ください。

プランBのすゝめ

プランBの形は人によって異なり、「転職」や「英語」などのスキル・資格でもあり得ます。

中には自分が準備するべきプランBとは何か、どうやってプランBを考えれば良いかわからないという人もいるでしょう。

そこで様々な方に「あなたのプランB」は何かをお聞きし、皆さんの人生におけるプランBの考え方の参考にしてもらおうと思いました。

今回は、AIスタートアップで働き、TwitterでもAIについてわかりやすい解説によって1.8万人のフォロワーを誇るチェルシー|AI姉さん(@chelsea_ainee)さんに「あなたのプランB」について書いていただきました。

皆さんがプランBを考える上でとても有益な情報ばかりなのでぜひ参考にしてください。

1. チェルシー|AI姉さんのキャリア

チェルシー AI姉さん

はじめまして。AI姉さんことチェルシーと申します。

 

私はAIスタートアップのBusiness Development Manager として働きながら、TwitterではグローバルAIエバンジェリストとして世界中のAI最新トレンド・事例をビジネスマン向けに発信しています。1.8万人程フォローいただいているSNSからご相談いただくことも増え、直近はAI系の企画・登壇・記事寄稿等も副業として携わっています。

 

会社員キャリアについては、大学院修了後に、初回のプランBを飾ったコンカーの三村さんと同じく、SAPに新卒入社。HR系のSaaSの法人営業を経て、外資マーケティングプラットフォームベンチャーに転職。28歳の時にAIスタートアップに転職(3社目)した現在30歳です。

 

イシコさんからご依頼を頂いた時に嬉しい反面、30歳という節目・コロナによる市場の変化もあり、私のプランBは変化しつつありました。オープンに書いていいものだろうか、ととても悩みました。

 

しかし、このプランBを読んでいる方は、外資大手・外資ベンチャー・スタートアップのキャリアに飛び込んでみたかったり、会社員だけで終わらない個人としての生き方のお話も関心があるのではないかなと思っています。まだ道半ばですが、考えるヒントになればとても嬉しいです。

2. チェルシー|AI姉さんにとってのプランB

  1. 「〇〇の人と圧倒的認知をされ、自分個人として仕事の指名をもらうこと」
  2. 「英語が通じる世界でどこでも働けるようになること」

これが私が常に持つプランBです。

どんな点で圧倒的に突き抜けるか

私は昔から「自分が輝けるマーケットを見つけて、それだけに熱中して結果を出す」タイプ。

 

小学生の時からどのマーケットなら勝てるかを考え、水泳・書道・英語のようにあまりマジョリティではない領域で圧倒的に数をこなして、男女関係なく学年トップを取るような人でした。

 

でも、普通の自分が全勝は出来ない、むしろ興味がないと全くやれないという圧倒的な弱点がある(世界史は赤点だったりもしました)というコンプレックスが昔から非常にあったんですね。なんでもこなしてしまう人には勝てないなと思うからこそ、自分は「ニッチ市場の集中戦略」といういわゆるランチェスター戦略を取っていたのです。(当時はこの言葉を知りませんでしたが)

 

新卒キャリアにおいても、日系大手企業等は性格的に絶対に受からないし、活躍出来ないと思ったんです。なので、マイノリティな外資成長企業に飛び込もうと思っていました。当時Salesforceが一番の候補だったのですが、ニッチすぎて新卒を募集していないことにも後で気付くぐらいでした(笑)

 

SAPの時も当時新たに立ち上がったSaaS部署に熱く配属希望を出して、部署には新卒初配属。(どうしても入りたくて、配属前テレアポ業務で部署の部長に相談に行く等アピールを欠かさずやってました。)

 

新しいSaaSプロダクトについても、日本のお客様からは事例を求められるケースが多く、海外の事例等を英語で調べていました。また、その内容を日本語で分かりやすくまとめ、ニュースレターにして全営業に配信も始めたりしました。すると、自分が一番詳しくなり営業としての武器が増えるだけでなく、個別に相談が来ることも増えました。いま振り返ると、当時から今の自分のTwitterの原型が出来ていたんですね。

 

営業だけを切り取った経験値では若手の時に先輩方より強みが出にくく悩むことも多かったのですが、少しずつ「〇〇の領域ならチェルシーに聞こう」と思われるのを繰り返していました。

 

1社目は大企業ながらスタートアップのような雰囲気で「自分で日本にまだない事例を作るんだ」と意気込む私にとっては最高の環境でした。

 

その後、日本人が2名、その他外国籍の外資ベンチャーに転職。グローバルな環境で働き、インセンティブ次第で年収としても20代でも4桁万円以上稼げる外資の業界。

 

非常に理想的なプランAだったのですが、外資ならではの身近な人のレイオフも体験することもあり「会社の看板を外したときの自分を想像」した時、プランBを考え始めました。

プランBを持つきっかけは外国での自己紹介

特にきっかけになったのが「海外旅での自己紹介」でした。

 

東南アジア・中国のような急成長する国でのビジネス経験に興味があり、四半期に一度は海外1人旅に出かけていました。私は海外を旅する時は現地の人と仲良くなることを決め、仕事等の話もするようにしているのですが、新しく会うたびに必要なのが自己紹介です。

 

皆さんは普段どのような自己紹介をしますか?

日本人だと「〇〇会社で働くXXXXです。」というように、会社名・会社の事業で自己紹介することが多いと思います。

 

ですが、海外での自己紹介は会社名も言っても伝わりません。なにより「何が出来る人なのか?」を問われたんですね。私自身、他国の人とビジネスの話をしていても、どこで働いているかなんてどうでもよく、あなたに何の価値があるのか?にしか興味がなかったのです。

 

日本だと有名な企業で働いている=凄そうという文化があるように思いますが、会社の寿命は人の寿命より短くなると言われるこの時代で、会社名で自分を語っていても生き残れない、と思うようになりました。

 

そこから強く、会社のブランドがなくなっても自分で事業を作っていけたり、自分個人が指名されるようにならねば、と感じたのです。その思いがあって、初期のAIスタートアップに転職して事業開発に携わるキャリアに変えていきましたし、個人で指名されることを実現するためにSNSでの発信も始めました。

SNSはプランBを加速させるツール

SNSは「AI関係の人と認知をされ、個人顔出し・名前出しでやる」ということを決めていました。(実はチェルシーもEnglish nameなので会社の名刺にもいれています)

 

あとは昔からやってきた「自分が輝けるマーケットを見つけて、それだけに熱中して結果を出す」だけ。

 

SNSもただ会社のことを発信していてもあまり多くの人に届きにくいなと思っていたので、

  • あまり入手のしにくい海外の情報
  • 技術より、ビジネスマン向けに役立つAI事例やトレンド

等だと、取り組んでいる人のマーケットも少なく、ニーズも多い。自分が仕事でもやっていたのであとは数をこなせば良いことは過去の経験からも見えていました。認知されるまで、極力他のことはつぶやかない、やらない、と決めていました。なんでも出来る=何しているか、結局分からないというのは避けたいと常に思っています。

 

自分自身ハマりやすい性格も関係しているのですがコミットした結果、1.8万フォロワーに増え、個人への仕事依頼も指名でいただくことが出来ています。

 

本業だけで頑張る=プランAだとすると、本業の案件相談・繋がり強化等にも繋がるというプランAへのメリットも多くありました。むしろワークとライフに境目があまりない「ワークアズライフ」になってきています。

3. プランBを考える上で影響があったもの・人

プランBを考える上で、影響を受けた本を紹介します。

USJを再建させた伝説のマーケター・森岡毅氏の著書「苦しかったときの話をしようか」です。

created by Rinker
¥1,336 (2020/11/26 12:06:17時点 Amazon調べ-詳細)

特に第4章にあるブランド・エクイティ・ピラミッド=自分のキャリアの設計図にとても影響を受けました。

苦しかったときの話をしようか

画像出典:森岡毅 著『苦しかったときの話をしようか』(2019年・ダイヤモンド社)

 

どんなマーケットで、誰に対して何をどうやって自分が提供するのか、これを自分個人として皆さん書けますか?会社の事業ではなく、自分としてのキャリア・ブランドとして書くのです。すると、先程お伝えした「自分は何が出来る人なのか?」がより明確になります。

 

ブランド・エクイティ・ピラミッドがとても素敵でキャリア相談を受ける後輩にはいつも勧めていますし、ブランド・エクイティ・ピラミッドに関する記事についても以下記事寄稿をしたことがあるのでご覧ください。

参考記事:セルフブランディングの極意がここに。元USJ森岡毅氏考案「ブランド・エクイティ・ピラミッド(キャリア開発用)」

4. チェルシー|AI姉さんがこれから持っておきたいプランB

  1. 「〇〇の人と圧倒的認知をされ、自分個人として仕事の指名をもらうこと」
  2. 「英語圏が通じる世界でどこでも働けるようになること」

テーマとしては変わらず上記2つがプランBです。

 

そのうち、1つ目については今のスタートアップで頑張ることはもちろん、今後は起業・フリーランス等の他の選択肢をプランBとして考えています。まずは本業・副業で個を強化することが今やるべきで、それを頑張っていればプランBも自然と強化されるのではないかと。

 

自分が本当に好きなことや実現したい世界に没頭をすると、その熱量は圧倒的数に繋がり、誰よりも詳しいレベルになります。そして没頭する時間はなにより楽しいもの。

 

今のAIの仕事もそうなのですが、私はサウナが好きすぎて「サ住近接」を提唱し、好きなサウナの近くに引越して週6~7でサウナに通っています。人生熱中・没頭できることを見つけて極めるのが私らしさなので、サウナの仕事で指名をもらうのもちゃっかりとしたプランBです。(笑)

 

また、コロナ期間中にハマってしまったHousepartyというオンラインサービスについても、イシコさんからTwitterで助言いただき、オンライン合コン・チェルコンを企画したら100名以上応募がありました。ラジオ生出演・オンライン講座Schoo出演等にも繋がっています。いきなり起業というよりかは、自分の熱狂を事業の形にしていく、というのが自分には合ってるのかなとも感じています。

また、次のステップは、「英語圏が通じる世界でどこでも働けるようになること」

特にコロナでWEB会議が一般化してきて、DeepLのような機械翻訳AIも精度があがってきたことで、今後は更にグローバルで自分の活躍を広げられるか、がまだ実現していないプランBとして考えていることです。

 

特にきっかけになったのが「新卒での米国研修」でした。

新卒入社後すぐに海外研修プログラムがあり、米国カリフォルニアで約30ヶ国・約100名の同期と計3ヶ月共同生活をしました。ですが、入社前の英語はTOEIC 400点台。当時MBA卒の海外同期も多く、プレゼン・ディスカッションについていけるわけもなく、本当に次の日が来るのが憂鬱でしたし、悔し涙も流しました。

 

ただ、英語が拙い中でも親友とも言えるような仲間が出来、将来肩を並べて仕事をしたい、という英語学習の最大のモチベーションにもなりました。(結果としてその後870点まですぐ向上しました。)

 

今でもイシコさんもお勧めする「Bizmates」を使って英会話を続けています。特に英語に関しては出来ないと機会損出をすることが大半と感じているからこそ、「掴みたい時に機会を掴めるように勉強」しておくことをプランBのアクションとして決めています。

 

まだまだ本当に自分自身道途中です。一個人として、「こいつ面白い。ずっと一緒に仕事がしたい!」と指名をいただけるよう、自分がやりたいことがあった時に機会を掴めるよう、これからもチャレンジを続けたいと思います。

 

皆さんのプランBも是非SNSのシェアで教えて下さい!お読みいただきありがとうございました。

5. まとめ

チェルシーさんと言えば、AI姉さん、そしてサ住近接の提案者として、Twitterでは広く認知されていると思います。

そんなチェルシーさんとの出会いは、リリットの主催する会でしたが、その時には深くお話しする機会がなく今回の記事を通して初めてチェルシーさんのキャリアや大事にする価値観を拝見させて頂きました。

その中でも僕自身に特に感銘を受けたのは以下の2つです。

 

「〇〇の領域ならチェルシーに聞こう」

「自分が輝けるマーケットを見つけて、それだけに熱中して結果を出す」

 

令和時代、ありとあらゆるビジネスパーソンに共通する箴言だと思います。

自分が勝てる(輝ける)領域を知れば、そこには自然と没頭できて圧倒的な熱量を生み出せる。

その結果として、その領域では群を抜いた立ち位置を個人で築けるので、「〇〇の領域ならチェルシーへ」となるのだと思います。

 

そして僕自身も少し前まで「職住筋接」を唱えていましたが、コロナ禍でライフスタイルが一変したため、少し古い価値観になってくるなと感じていた矢先に「サ住近接」というユニークな考え方を耳にしました。

僕自身も初心者サウナーですが、この考え方はぜひぜひいろんな場所で広めていきたいと考えております!(サ住近接の言葉、ぜひお借りいたします笑!)

最後になりますが、この度は記事を寄稿いただき重ねてお礼申しあげます。

AI姉さんとしても、サウナー姉さんとしても、今後の活躍を楽しみにしております!!

6. この記事を書いた人

チェルシー AI姉さん

チェルシー|AI姉さん

AIスタートアップのBusiness Development Manager、TwitterではグローバルAIエバンジェリストとして世界中のAI最新トレンド・事例をビジネスマン向けに発信。

ツイッター:@chelsea_ainee

大のサウナ好きで、サ住近接を唱える @chelsea_saunaという別アカウントも。

7. あなたのプランB

この記事を読んでわかるように、成功している人の多くはプランBを常に考えて行動しています。

強力なプランBがあることでプランAはより輝きます。

副業(プランB)という副収入があるから本業(プランA)の選び方が変わる、転職の選択肢があるから本業でも挑戦できる、英語を勉強すれば仕事、生活の幅が広がる。

自分に最適なプランBを考えて、人生をより豊かにする生き方を見つけましょう。

「プランBのメリットとは何か?」「どうやってプランBを考えて良いかわからない」という人は、まず僕が説くプランBを読んでみてください。

プランBのすゝめ

※最後になりますが、チェルシーさんも使っているBizmatesについては、このブログ限定で通常1回の無料体験が4回になるキャンペーンをBizmatesさんより頂いています。

いつでもチャンスを掴む準備ができるように、チェルシーさんと一緒に英会話を鍛えてみてはいかがでしょうか。

ビズメイツ無料体験キャンペーン 【ビズメイツの無料体験が4回になる!】「プランBのすゝめ」限定のキャンペーン実施中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です